pic

Member

メンバー

氏名宮尾 達也
出身地長野県 長野市
役割メディカルチーム
趣味美術鑑賞

© 2020 Epigno Co., Ltd.

氏名宮尾 達也
出身地長野県 長野市
役割メディカルチーム
趣味美術鑑賞

デジタルソリューションをもっと現場で

エピグノに入社を決めた理由は何ですか?

member

看護師の私自身が17年前に現場で思い描いていた課題を、エピグノが取り組んでいたという出会いから、この会社ならば、この仲間ならば、ずっと解決できなかった課題解決に挑戦できるんじゃないかなと、わくわくしたことがきっかけです。
まだまだ医療の現場はデジタル化が遅れています。たくさんの医療人材が無駄な業務や慣習に忙殺されています。ただでさえも不足している医療人材にもっと快適な環境を与えることが日本の医療課題の解決には必須です。こんな社会課題にチャレンジできる企業は非常に少なく、自社に医療人材を持つ企業になるとほぼ存在しない中、エピグノは稀有な企業だと思いましたね。

今の業務内容を教えて下さい

member

私自身の看護師経験を活かして、ソリューションの仕様やUXの設計をしています。エピグノの強さは自社に医療従事者を抱えていることだと思いますね。自社である程度のレベルまでユーザー目線で完成できちゃうんですよね。これは他のシステムベンダーにはできない圧倒的な競争優位だと思います。
また、弊社では医療現場にハンズオンで入り、スタッフのエンゲージメント・モチベーション向上に向けた取り組みをお客様と共に並走していくコンサルティングも提供しています。私のような医療経験者だからこそ共感できる悩みや苦しみを解決するために、弊社の他メンバーと共にコンサルティング業務も行っています。

私自身が当時悩んでいたことで未だに苦しんでいる管理者が多く存在しているんです。そのくらいレガシーな産業です。そんな方達の課題をかなり近い立場で解決できるのは医療経験者にしかできないことだと思いますね。

エピグノでの仕事のやり甲斐は何ですか?

member

非常に専門的な仕様にしても、それをイメージ以上に実現してくれるエンジニアや、それを社会実装へ繋げてくれるビジネスチーム、そんな仲間と業界の難しい課題解決に役立つソリューションを開発していることにやり甲斐を感じますね。
医療人材が民間企業の立場から医療界へ貢献できることって医療人材側からすると今まであまり身近では無かったと思いますが、今では民間企業側からのニーズとしてそうした動きが少しずつ出てきたと思います。医療人材として現場の臨床を続けてくれる方がいらっしゃる一方で、私のようにそのような方々を民間企業の立場からサポートすることができます。
医療人材が医療人材を支援することは人生の中でも本当に大きなやり甲斐になっていますね。

どんな新メンバーと働きたいですか?

member

自分たちが思いつかないような、新しい目線を持って提案を投げ込んでくれるようなメンバーを楽しみにしてます。
私の現役時代と今の時代の医療現場は変わっていない部分もたくさんありますが、そこで働くスタッフのマインドや働く環境などは大きく変わっている部分もあります。私では想像できないソリューションやアプローチの方法があるかも知れません。
ビジネスパーソンに囲まれた環境だと、医療人材として発言しにくいと思うシーンもあるかも知れません。私も始めはそう感じるかも知れないなと思っていました。エピグノはスタートアップとして優秀なメンバーが揃っていましたからね。しかし、チームで私の意見や考えを凄く尊重してくれたことで、私自身もジョインした当時から今まで存在価値の高さを感じられています。

医療現場からではなく、民間企業だからこそできること、民間企業にいる医療人材にしかできないことにチャレンジしてみたい人と働きたいですね。

新メンバーにメッセージをお願いします

member

私のように、医療現場の課題を感じているが、それを解決する限界を感じている方は少なくないと思います。エピグノはそうした課題に対して、真正面から取り組んでいる先進的な企業です。
今まで胸に秘めていたあなたの夢や経験を一緒に形にしていきませんか。

contact

menu